ミモザ釉縞カップ/ 境道一
new
5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b 5bee61d5ef843f380100013b

ミモザ釉縞カップ/ 境道一

残り1点

¥2,808 税込

送料についてはこちら

ミモザ釉縞カップ/ 境道一 サイズ 直径7高さ9cm 容量 150cc ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 境さんのご自宅に大きなミモザの木があって、成長が早く切っても切っても大きくなるそうです。その切ったミモザの木を灰にして釉薬にした器です。 軽くて持ちやすい湯呑。我が家でも重宝しています。 自然灰での焼き物ですのでひとつひとつ違っています。手元にお届けするのは画像とまったく同じものではない場合もあります。ご了承ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 境道一プロフィール 1975年長野県生まれ。 1994年岡山県立備前陶芸センター卒業後、 備前焼作家正宗悟氏に師事。 1997年長野県須坂市に穴窯築窯。 2014年韓国利川国際セラミックワークショップ参加。 2015年香川県木田郡三木町に穴窯築窯。 うつわはすべて薪窯で焼成され、織部釉や黒釉のうつわには、薪窯ならではの味わい深いさまざまな表情が生み出される。かたちも素直でたくましく、使い心地に優れた日々のうつわである。